似てるようで違う?酸洗いとエッチングの違い


酸洗いは汚れを落とす事を目的とした化学洗浄

酸洗いとは金属加工の工程で付いた汚れを落とすための化学洗浄方法の一つです。金属を加工する上で工具のグリース等が付着したり、溶接の際にこびりつくスケールなどは擦って落とそうとするとなかなか取ることが難しいですが、酸洗いなら簡単に溶かして落とすことができます。また酸洗いは塗装前に行うことで塗料の定着が良くなって剥げにくくなったり、ステンレスが錆びにくくなるための不動態皮膜の形成を行う際にも必要な工程です。金属加工の現場の多くで行われる基本的な洗浄方法とも言えますが、酸を扱う事から取り扱いは厳重かつ慎重に行われており、きちんとした管理が求められています。

エッチングは金属を腐食させて模様をつける加工方法

エッチングとは酸が金属を腐食することを利用して特定の模様や文字を金属に浮かび上がらせる加工方法です。まず特定の金属製品に付けたい模様や文字の形に防食層を作る処理を施します。この処理を行った箇所は酸の溶液から守られるので溶けることは有りません。防食処理が行われたら製品に酸溶液を付けて金属を腐食させていきます。適度に腐食が進んだら酸の溶液は洗い流すことで腐食された部分は凹み、防食層は溶かされないので浮いた形となるため、模様や文字が浮き出しているような形の加工ができるのです。

このように金属を腐食させて削る事が目的なのがエッチングであり、汚れだけを溶かすのが目的の酸洗いとは用途が異なる事がわかります。どちらも酸を使った処理なので、行う場合は専門の知識や経験を持った人間を伴っておくと良いでしょう。

酸洗いは金属製品の汚れやサビを除去する他、表面に皮膜を形成して新たな汚れの付着を防ぐ効果があります。また、微小な傷を皮膜で塞ぎ、サビの発生リスクを軽減させるのも効果のひとつです。