高級時計を少しでも高く売るためのコツとは?


売る際は保証書などの付属品もそろえておきましょう!

高級時計を少しでも高値で売りたいのであれば、できるだけ購入時に最も近い状態で売却するという事です。時計本体のコンディションはもちろんですが、購入時に付いてきた箱や保証書といった付属品にも同様の事が言えます。特に高級時計を売買する際は、査定額に大きく影響してきます。背景としてはその時計が本当に本物なのかを気にする方が多い事が挙げられます。そのため、買取業者の多くは、本物かどうか見極めるための一つの判断材料として保証書の有無を確認しています。保証書が付いているだけでも業者側としては高値を付けやすくなるのです。

また高級時計の場合、修理やオーバーホールの証明書があるかないかでも買取額は変動してきます。時計を長く使用していると故障による修理はもちろんですが、故障していなくても定期的なメンテナンスは必要不可欠になってきます。修理やオーバーホールをすれば時計の修理を依頼した店舗から証明書が必ず発行されます。この証明書で修理などをしたという証明をする事ができるので時計を売る際は一緒に提出するようにしましょう。

替えのベルトがあれば一緒に査定してもらいましょう!

高級時計の中には、ベルトやブレスを付け替える事が可能な上、標準で替えのバンドが付いてくる場合があります。もし替えのバンドなどもきちんと付属していれば買取額は高くなりやすいです。そのため、売る際に替えのベルトなどがあれば時計と共に見てもらうと良いでしょう。

またブレスレットタイプの時計の場合、長さ調節をする事でブレスを外して保管している人も多数いると思います。外しているブレスは時計を売る際、査定の対象にもなるのでブレスがある方も時計を売る時には一緒に提出して査定してもらうようにしましょう。

腕時計の中でも高級品と言えるオメガの買取なら、オメガ買取の実績があるブランド買い取りのお店で査定してもらいましょう。